消費者金融の実質年率とは

31 1月, 2014 (14:06) | 消費者金融 | By: asadmin

消費者金融では、利息などを書いてあるところに実質年率と書いてあることが多くあります。この実質年率の計算方法は知っていますか?まず、金利には一日ごとにかかる日利、月ごとにかかる月利、一年ごとにかかる年利の3つがあります。


消費者金融では分割で返済する

消費者金融やその他カードローンでも返済は基本的に分割返済となっています。この分割返済で利息を支払っています。利息は消費者金融の儲けになる部分で、お金を借りた手数料のようなものです。多くの会社では、返済計画の立てやすいリボ払いという方法で返済をします。毎月、同じ金額を返済するものです実質年率では、まだ返していないお金に対して利息をかけて、返済の回数分だけ利息を支払います。つまり、最初の返済ほど利息は高くなるということです。


少ない回数で、大きな金額で

このような計算で利息を出す実質年率では、利息の負担を減らす返済方法として、大きな金額を少ない回数で返済することが最も効果的だと言われています。しかし、無理に毎月の返済額などを挙げて返済が滞ってしまっては意味がありません。借り上げ残高の高い最初は特に、繰り上げ返済や無利息期間などをを活用することで返済の負担を減らしましょう。